さぼてんの花

シンプルライフと趣味と時々資産運用(家計簿)

北海道出張+前乗り旅行①

8月の出張が決まり、課長から、「良かったら前乗りで観光でもして来たら?」と言われたので、これ幸いと行ってきた「函館出張+前乗り旅行」の模様をご報告いたします。

 

こんにちは。さぼてんです。

 

という事で、早速函館珍道中の模様をご報告しようと思います。

 

当日、飛行機は13時55分の出発だったので、時間に余裕をもって起きる事ができ、帰って来た時洗濯物が大量ではいけないと、わざわざ洗濯機を回して、洗濯までして(普段はしない)家の中を綺麗にして(これもしない)出発したセントレア

どういう訳か、駅に着き、電車にのったのはいいんですが、妙に人が多いような・・・?

ま、いつも大抵名古屋に近づくとわっさわっさと人が乗り降りして、其れなりに人は多いんですが、今日は煌びやかな衣装を着た女子や男子がわらわらと群がっていて、私が「???」ってなったまま電車はセントレアへ到着したのであります。

 

今回の前乗り観光は、私と先輩の2人。両方女子。という事で、飛行機疲れと電車疲れを加味して、その日は特に観光はしれっとするだけにしようねとあらかじめ決めておりました。しかも、当日先輩がまさかの電車に酔ってしまい。初っ端からのグロッキー。しかたなく、セントレアではそれ以上動く事無く、昼食をとる事にしました。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20170902103256j:plain

ま、ね、電車に酔っている人間が味噌カツだの餃子だのを食べられるわけもなく、セントレアをうろうろしながらなんとか見つけたおかゆ屋さんで食べた。まさかのフォー。粥を食え!と石を投げられそうですが。このフォー美味しかったです。人によってパクチーだの肉の臭みなどを感じるかもしれませんが、グロッキーな先輩と違って私はお腹が空いていたんですよ!美味しかったです!

 

さて、ここで、どうして電車が混んでいたのか?という疑問が「24時間テレビだから」という事で判明しました。それと同時に「誰がマラソンすんの?」と一瞬思った私と先輩ですが、その答えはこの出張中は一切分からず、24時間テレビが終わって暫くしてなんとブルゾンさんが走ったのだと知ったのでした。

 

そうこうしているうちに、飛行機は離陸し、乗って、水を飲んで雑誌を開こうとしたら到着してしまいました。あっという間です函館。ほんとうによい時代となりました。

 

函館は、湿気がなく爽やかな風が吹いていて「ここは軽井沢か?はたまたスイスか?」ってぐらい気候は最高でした。

なぜか迎えに来てくれた先輩社員(新婚)の車に乗り、その日の宿に直行かと思いきや、「おいしいソフトクリームがある」という事で近くの牧場へ。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20170902103917j:plain

実は私、高校が農業高校だったもので、牛やら豚やらとは浅はかならぬご縁がございまして・・・そうとは知らず先輩(しつこいようだが新婚)が「ほら!牛だよ!」と言っても(ホルスタイン)と心の中で思ってしまうような嫌な奴に成り下がり、でも久しぶりに触れ合う牛ちゃん達に大いに癒されてしまったのでした。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20170902104148j:plain

そこで食べたソフトクリーム。やっぱり牛のお乳の濃さが違う!!そして、溶け出す時間の速さも違う!もう写真なんて取っている場合ではないのであります。

早く口に押し込まなければ、この特濃ソフトが手の毛穴に吸収されるんじゃないかってぐらい瞬時に溶け出すのであります。

そんな事は絶対に死守したいので、この写真を撮った後ソッコーで食べました。んめーんです。ホントです。手についた分まで舐めとりたいぐらいでしたが、これは一人旅ではないので止めました。

 

その夜は、案内してくださった先輩(もっというが新婚)と我が社の函館工場の工場長と一緒に、美味し海鮮を食べにおすすめの居酒屋へ。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20170902105354j:plain

いかが!透明!

もうこれがコリコリしていておいしいたら!あーこの2日後仕事なんて信じられないぐらいに美味しいいかを堪能する私。こちらの人はいかを生姜醤油で食べるらしく、私もやってみました。わさびが苦手なので、生姜醤油は最高に美味しかったです。これは間違いなく帰ってからもやると確信しました。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20170902105551j:plain

そして、ホタテの刺身。甘い!肉厚!生臭くない!それだけ新鮮って事なんですね。分かります!私正直うにやらいくらやらはあまり好きではないため、夜の食事は辞退したい気持ちだったのですが、これは本当に美味しかったです。

 

とまぁ、初日は食べた1日でした。函館ってこんなに美味しいのね!と感動した1日でした。明後日には函館で当初の目的である仕事をしなくてはいけませんが、あと1日残っているので、それを満喫しようと固く決心した瞬間でした。

 

 

 

続く。