さぼてんの花

シンプルライフと趣味と時々資産運用(家計簿)

平成29年10月家計簿

ブログ更新率が意外といい。

続けざまに更新はできないが、頻繁に更新できている。よくやったぞ私。

結局、人間目の間にあるものしか興味がないものである。パソコンも常に自分の目の前にあって常に起動していればいいのに・・・だったらこんなに面倒にならなくても済む。

 

早いものでもう11月である。ちっとも予算の安定しない家計簿をブログに乗せる日が来た。

やっぱり安定しない予算。だって人間だもの、毎月毎月使う項目が一緒なんておかしいわ。色々なものにお金を使ってこその人間でしょうよ。

こんな家計簿誰が見ているか知らないが、今日も今日とて上げておく。

 

  項目 予算 2017年10月
  給料 190000 195133
       
固定費 家賃 37,107 37,107
光熱費(NHK含む) 14,520 6,914
保険 8,698 8,698
ヨガ 10,300 10,300
確定拠出年金 10,000 10,000
通信費 13,000 13,000
       
変動費 食費(外食、喫茶店含む) 13,000 13,835
交際費 5,000 5,000
医療費 2,000 3,944
趣味(別途刀剣乱舞費用¥1000) 10,000 7,925
交通費 6,000 8,000
生活費 2,000 1,042
服飾費 20,000 17,600
     
     
  固定費+変動費 151,625 143,365
       
  合計(給料-合計) 38,375 51,768
       
       
積立 毎月貯金 20,000 20,000
旅行貯金 5,000 10,000
1,000 1,000
マジックソープ、カミソリ(顔)、歯ブラシ 1,000 1,000
服飾費(13000×12+ボーナス少し) 13,000 13,000
車検代 24,000 0
車の保険 38,000 0
犬(2か月に1000) 1,000 0
家賃更新費 18,000

0

民子(仮名)の朝

民子(仮名)の朝は早い。家の誰よりも早く起き、朝食を作る。味噌汁は無添加の鰹節で引き、麹の赤味噌をとく。丁寧に焼いた塩しゃけがつやつやと光り、付け合わせには小松菜と上げの煮びたし。小松菜は家の前で自家栽培しているものだ。姑が口うるさいので、スーパーではめったに野菜は買わない。

勿論。子供たちの朝食も欠かさない。大人よりも気を使い、豆乳に赤たまごのスクランブルエッグ、自家製のトマトケチャップを添え、有名な高級スーパーで買ってきたヨーグルトがデザートだ。

そんな毎日を辛いと思った事はなかった。家族は民子(仮名)にとってかけがえのないものだし、口うるさい姑の、自分の至らない部分を指摘し、自分を成長させてくれようとしているのだと思えば、日ごろのお小言も励ましになる。

民子(仮名)幸せだった。家族に尽くしているそんなひと時が、そしてそんな自分が・・・

 

しかし、今日は違っていた。赤たまごのスクランブルエッグを作っている時に気が付けばよかったのだ。朝食づくりに集中しすぎていて、忘れていたのだ。

家族を起こすことを。

時計を見れば7時。夫が会社に行く時間が近づている。民子(仮名)は焦った。すぐに夫婦の寝室に駆け上がり、夫を叩き起こす。案の定「なぜ起こさなかった」と叱られ、さらには、昨日用意していたシャツとネクタイの色合いが気に入らないと、さらに叱られる。「全く、なぜこんな事も出来ないんだ。誰に食べさせてもらっていると思っている。」

民子(仮名)はパートで働く普通の主婦である。仕事をしながら家庭も頑張れるような器用な性格ではなかった。その方が性に合っていたのだ。落ち込む民子(仮名)しかし、そうこうしているうちに子供たちを起こす時間である。民子(仮名)は焦った。まず長男の部屋へ行く。最近反抗期を迎えた長男は、こちらが一言発しようものならその十倍は文句を言う年頃で、案の定「うるさい」と民子(仮名)を一括してまた眠りについてしまった。

長女は、その点安心である。ちゃんと自分で起き、服を着替え、高校生になったお祝いに送ったスマホを片手にキッチンへやってきた。民子(仮名)はなんとか長男を起こすと、急いで朝食の支度にとりかかる。

机の上では、出かける支度もそこそこに文句を言いながら食べる夫。味噌汁は好きじゃないからコーンスープな無いのかと言う長男。ダイエットだと、民子(仮名)が作った朝食に箸もつけなずスマホばかりいじる長女。そして、「全く、まだ味噌汁の味も上手く決まらないのかい。至らない嫁だね!」と小言を言う姑。

本当は、時間通りに夫を起こし、朝食を準備し、子供たちを起こし一緒に朝食を食べ、夫を見送り、そして静かに家事に勤しむつもりだったのに・・・民子(仮名)は言い知れぬ倦怠感を味わっていた。張り詰めていた糸がブツンと切れた気がする。

怒りの感情という物はきっかけさえあればすぐに心のコップを溢れ返させてしまう。

文句ばかりの姑、亭主関白な夫、自分のありがたみをわかろうとしない子供達。

民子(仮名)は思った。(私がどれだけ頑張っていると思っているのよ!私がいなければ貴方達はどうするつもり?私は!貴方達の召使じゃないわ)

始めて味わう感覚だった。腹の奥から熱くどす黒いものがせりあがり。こめかみをチクチクと刺激する。民子(仮名)は思った。

(こんな家!!こんな家!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

………………………………………………ぐらい機嫌が悪いんだったら、私が折角あんた(パート)を思いやって食堂に暖房をつけておいてあげたのに、開口一番「熱い!熱い!こんなところにでご飯食べろっていうの?」とか「あんたたちは座っていて楽な仕事だから、体動かす暑さは分からないわよねー」ってとかのたまっても「そうですね。」と菩薩のような心で聞き流しができるだろうによ・・・。

台風

台風が来ている。というか来ていた。

普通ならば絶対に内から出ずに、一日中ネット三昧かヨガをしているか、本を読むかどれかをして一日を過ごしているのだが、今月から趣味のヨガを深めるべく学校へ通う事になっていたため、行ってきた。

ヨガの事はそのうち書きたいと思っているので書くが、タイトルは台風なので台風の事を書く。

レッスンが終わって、外に出た。雨は激しいものの風は「・・・」と言った感じ。というのも、帰りに橋を通りので車が風で煽られるため、できれば帰るまでは風はあまり吹いてほしくなかった。

とにかく風が、暴風が強いと車が運転しにくい。車の運転はかれこれ10年ぐらいしているのだが、これはこの先10年後も20年後も上達する事はないだろうと思われる。しかし、田舎者には車は必需品。橋で煽られようが、極細の道で田の側道に落ちようが田舎に住む上では必要なのである。

さて、暴風です。

電車は幸運にも遅れていなかったので、比較的空いていた各駅停車に乗る。急行や特急でも駅に止まるのだが、駅に止まるためにどのぐらいの風なのか降りた人たちに服やら髪やらで確認しようとするのだけれど、降りる客降りる客すべて妙齢の熟女ばかりなので、軽々としたパーマに暴風が当たろうが雨が当たろうが全く分からず、服もゆったりしているものの、厚手の生地ではやっぱり風の強さは分からず。仕方なく、少し遠くののぼりを確認する。風の強さは意外と強い。これは橋で煽られる。間違いなく煽られる。煽られるらまだましだ。私の車は軽の癖に背が高いから風にあおられると車体が左右に激しく揺れるため、スピードを落とさないとまっすぐに走れない。

スピードを落とすと、間違いなく後ろのスピード狂達をイラつかせてしまって自分までテンションが下がってくる。

しかし、気を落としてはいけない。私の止まる駅はそんなに風は吹いていないかもしれない。

はやる気持ちを抑え、駅に降り立った私は、意気揚々と折りたたみ傘を開いた瞬間!

 

 

ま、壊れますわな・・・暴風で・・・。

 

なんちゃってアーユルベーダ飯

新コーナーでございます。

「なんちゃってアーユルベーダ飯」

これは、私がほぼ独学で勉強しているアーユルベーダに基づいたおうちごはんをさらしてゆくコーナーでございます。

 

アーユルベーダ凄いよ!インド人嘘つかない!(私は日本人!)

的なテンションでお送りしてまいります。

さて、まずアーユルベーダとはなんぞやという事ですが、詳しい事はウィキ先生に聞いて頂くとして、基本的な事を言いますと、インドでむかーしから信じられてきた医療です。

ハーブやオイルなんかを使って体のめぐりを良くしようとするのが、アーユルベーダだと思ってください。私もまだ勉強し始めて1か月しかたっていないので、その辺りの事を下手に言いふらして大変な事になるのは個人的に避けたいですからね。

 

という事でアーユルベーダ飯でございます。

今日、私は漠然とした不安と寒さに体を震わせながら帰宅いたしました。何となく胸から上がジワリと不安感があり、体も妙に冷えていました。

体質的に風の要素「ヴァータ」が強くなっている証拠です。

風(ヴァータ)は味覚で言うと「渋み」「苦味」「辛味」なんかを司っているので、今回は「甘味」「塩見」「酸味」を中心にしあメニューを考えてみました。

 

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171023192023j:plain

きりたんぽ鍋です。

甘味:きりたんぽ

酸味:ヨーグルト

塩見:スープ

白菜やしめじかんかも風要素であるヴァータを沈めて、温かい食事が不安な気持ちを抑えてくれる効果がありんす。

締めは、ローズヒップ+はちみつで一息ついたら、さっきまであんなに不安だった心が落ち着いてきたような気がします。

 

 

ってなわけで、時々アーユルベーダ式飯をアプしてゆこうと思います。

関市へ蛍丸を見に③ ~美濃和紙すんばらしい!~

蛍丸を見た我々はこれで解散と思いきや、なんと友達の一人が美濃の方へ行きたいとのたまったため、雨の中美濃の方へレッツゴー

なんでも美濃和紙の明かりイベントがやっており、風情漂う街並みの軒先には美しい美濃和紙ランプが

生憎の雨&昼の訪問だったため、明かりはともされていなかったんですが、これが雨が降っていなくて、夜の場合はこんな感じに

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171020191330j:plain

美しい!!

この画像は、美濃和紙の博物館で撮影OKだったため撮影したものです。

その博物館には、色々な提灯作品がならんでいて、小学生とか社会人とか年齢層も様々でした。

でもやっぱり雨の中、大所帯で歩くのはなかなか骨であったため、他に遊べる場所は無いかと色々と検索した結果、岐阜に「信長岐阜城入り450年イベント」なるものを発見。行ってみようという事になり、行ってみる事に。

 

なんでも織田信長が岐阜の城である「岐阜城」へ入ってからなんと今年で450年になるのだそう。さらに、結構昔に大河ドラマで信長がやった時、岐阜に撮影部隊が来たらしく、そういった記念品やジオラマなんかが展示されているそう。

行ってみたら、こんな感じでした。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171020191844j:plain

まず入り口正面にこの像がデデーンと待ち構えております。所定の位置に立つと、俳優の高橋秀樹さんの声で信長さんが喋ります。なんでもその岐阜での撮影の時の大河ドラマで信長さんを演じたのが高橋さんだったそうで、その兼ね合いか高橋さんのお声が使われているのかな?

それにしても成功に作られていますね・・・。口元のほくろなんかも気持ち悪いぐらいに成功に作られています。

写真撮影がOKここだけだったので、この写真しかありませんが、一番面白かったのが、3Dで体験する空中ブランコです!

3D眼鏡をつけて、固定されているブランコに乗るんですが、周りの景色が動くので、空中ブランコをしている気分になれます!あと酔います!

いつもなら待ち時間がえげつない事になっているらしいんですが、この日はラッキーな事に待ち時間2分で乗る事ができました。雨に感謝ですかね・・。

あと、オタクとしては興味をそそられるのが、城下町の歴史なんかをミニドラマにした映画も上映していたんですが、秀吉役が声優の関智一だった事!

私は、3Dブランコに例の小4君と並んでいたので、映画は見られず・・・。しかし、ファンの方は行ってみる価値ありですね。

 

 

この場所は2Fが図書館になっているので、また是非とも行きたい場所で御座います。

 

 

 

そうこうしているうちに暗くなってきたので、この日はおひらきって事になったんですが、実は友達と別れたあと、私は「活劇刀剣乱舞」のアニメを見るために、友達の家に。そして、友達の家族に見守られながら床に正座して鑑賞したのでありました。

 

いやー2話までですが、素晴らしかった!やっぱりオタクに戻ってよかったと思う1日でした。

関市へ蛍丸を見に② ~スターウォーズとにゃんこ大戦争~

この場を借りて、私お詫びしたいことがございます。

スターウォーズ私ちっとも知りません!ごめんなさい!

かろうじて記憶にあるのはダースベイダーとヨーダぐらいで、SFのすごい映画なんだという事ぐらいしかしりません。なので、なんだか申し訳ないような・・・

しかし、刀剣とスターウォーズコラボ!見ないわけにはいきません。

という事で、博物館2階の規格スペースへ行ってきました。

なんとこちらは無料です!

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171018200057j:plain

あ!スターウォーズに出てくる敵!

後で調べましたら、この子たちはストームトルーパーというんだそう。なんだか可愛い。

会場はその他にもポスターやおもちゃのライトセーバーでちゃんばらができるなどなかなか楽しい空間です。

そして、通路を進んだ先にありました。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171018200412j:plain

日本刀のライトセーバーです。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171018200434j:plain

和名がなかなか当て字でおもしろい。

ケースの中にしまわれていたのでわかりませんが、色とかかわるのかな?

近くには、設計図や作る工程などが写真付きで解説されていてそれを見ながら鑑賞するのも面白いです。

私はじっくりと鑑賞をしていたのですが・・・

実はこの時、私は一緒に来ていた友達の息子(小4)になぜか気に入られアプリゲームの「にゃんこ大戦争」について熱く語られていたのであります。

小4といえば、結構思春期ですよね?「女なんて知らねーよ!」って感じですよね?でもこの少年の人懐こさとピュアさと言ったら!!

日本刀ライトセーバーも見たいし、にゃんこ大戦争のすばらしさも理解しなくてはいけないし・・・結局、にゃんこの魅力はこの先博物館を出るまで続くのであります・・・

 

③に続く

 

 

関市へ蛍丸を見に ① ~生憎の雨~

こんにちは。さぼてんです。

先週は、あいにくの雨でしたが、私は友達と一緒に関の博物館へ行ってきました。

何をしに?ってもちろん刀剣鑑賞でございます。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171018194301j:plain

今回は、名刀大太刀「蛍丸」を鑑賞するのが目的だったんですが、よーく見てください。

後ろの方に垂れ幕があると思いますが・・・

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171018194414j:plain

そうなんです。どうもその日スターウォーズのイベントもあったらしく、意外と人が多い。しかし、憧れの蛍丸を見に行くので嬉しくて友達とるんるんで行きました。

友達は会社の同僚で同じ刀剣乱舞ファン。そして、その娘さんも同じく刀剣ファンという事で、こんな近くに同士が二人もいるなんて!!大感激の私。

やっぱりオタクに年齢は関係ありませんね。会話も弾みます。

 

博物館の中はありがたいことに写真OKという事で、撮りまくってきたのがこちら。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171018194756j:plain

美しい

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171018194852j:plain

私も刀剣乱舞にはまってから刀剣鑑賞もするようになりましたが、キャラもそりゃあ美しいですが、この刀剣も本当に美しくて見とれてしまいます。

室町時代や近代だと明治、そして今も作られている刀剣を博物館で鑑賞できるのは本当にありがたいです。

f:id:sabotennohana1125gmailcom:20171018195056j:plain

そして!!今日もメインイベントです!!

大太刀蛍丸!!

この機会を逃したらもうこの近辺では見られない貴重な一振りです。

この蛍丸は復元されたもので、寄付金でよみがえったのだとか、いやーきっと審神者様たちの熱意もあったんでしょうねー本当に美しい。

博物館には、蛍丸の重さを体感できるようになっています。私も実際に持ってみましたが、重心が切っ先の方にあるので、片手では持つことはできませんでした。さすがは奉納刀ですね。

その他にも刀剣ができるまでや、刀の歴史そういった貴重な資料が沢山あって、長居してもちっとも飽きない博物館でした。

もちろんスターウォーズと刀剣のコラボも見てきましたよ!!

 

②へ続く